陸上の世界選手権男子400メートルリレーで銅メダルの(左から)藤光、桐生、飯塚、多田の4選手。日本学生対校選手権で選手、ゲストとして福井に集結する=ロンドン

 陸上の世界選手権男子400メートルリレーで銅メダルに輝いたメンバーが福井に集結―。福井国体プレ大会として9月8日から3日間、福井県営陸上競技場(福井市)で行われる日本学生陸上対校選手権の男子100メートルに桐生祥秀(東洋大)多田修平(関学大)の両選手がエントリー。100メートル決勝が行われる9日は福井市のハピリンの屋根付き広場ハピテラスで、飯塚翔太(ミズノ)藤光謙司(ゼンリン)両選手らによるトークショーもある。

 桐生、多田の両選手が福井で日本人初の9秒台が出せるかに注目が集まる。福井陸協の木原靖之専務理事によると、ともに出場に強い意欲を示しており、特に桐生選手は大学最後の同選手権に照準を合わせているという。

 トークショーは福井陸協が企画。飯塚、藤光両選手のほか、2008年北京五輪男子400メートルリレーの銅メダリスト塚原直貴さん、高平慎士さん、04年アテネ五輪女子マラソン5位の土佐礼子さんがゲストとして出席予定。男子100メートル決勝のレースは高平さんが解説する。

 福井国体・全国障害者スポーツ大会(国体・障スポ)の1年前イベントとして実施。9日に福井市のちもり体育館で車いすバスケットボールの融合イベント、10日にはJR福井駅周辺でクライミング、ライフル射撃などの体験イベントもある。

福井市
不死鳥のまち
【編集部が勝手にオススメ】▽観光 一乗谷朝倉氏遺跡、養浩館庭園▽味覚 ソースカ…
陸上競技
競技場のトラックで実施されるトラック競技、跳躍(走幅跳など)や投擲(ハンマー投…
陸上競技
関連記事
あわせて読みたい