近年、これほど甲子園で罵声を浴びたチームがあっただろうか――。8月17日の「夏の甲子園」大会9日目、広陵(広島)に敗れ、2回戦で甲子園を去った秀岳館(熊本)のことである。

2回戦で敗退し、甲子園を後にする秀岳館の鍛治舎監督

 NHKの高校野球解説者として知られる鍛治舎巧(かじしゃ・たくみ)が監督に就任したのが2014年4月。鍛治舎は県立岐阜商から早稲田大学に進学。その後は松下電器産業(現・パナソニック)に入社し、社会人野球で活躍、選手引退後は監督も経験した。その後、会社員生活では、2014年までパナソニックの専務役員(企業スポーツ推進担当)も務めた。高校野球の監督では、異色の経歴と言っていいだろう。

 鍛治舎が監督に就任後、秀岳館は2015年秋の九州大会で優勝。甲子園では2016年春から3大会連続でベスト4進出を果たした。短期間でこれほどの成果を出せば評価されてしかるべき。だが、秀岳館と鍛治舎の周囲には批判が渦巻いていた。それは地元である熊本でさえも、例外ではなかった。

秀岳館はなぜ「嫌われ者」だったのか

 なぜか。鍛治舎が指導していたボーイズリーグの強豪・オール枚方ボーイズ(大阪)のメンバーがごっそり入学してきたこと。そして、ベンチ入りメンバーの中に、地元・熊本出身者が1人もいないこと……。

 熊本は野球熱が高い土地柄といわれる。古くは「打撃の神様」とたたえられ、監督としても巨人をV9に導いた川上哲治を輩出、ソフトバンクで活躍した三冠王、松中信彦の出身県でもある。そこに突如現れた「傭兵軍団」は、地元の支持を取り付けられなかった。甲子園で勝ち星を挙げても、祝福ムードはなく、冷たい視線が突き刺さってきた。

 最近でもこの5月、熊本で行われた早稲田実業(東京)との招待試合で、3番を打つ清宮幸太郎に打席を回すために前の2番打者を敬遠。"勝負"という観点からは意味が乏しく、2番打者への敬意を欠くと見られかねない采配を非難する声も出た。試合後、鍛治舎は投手に経験を積ませるために行ったことだと説明したが、物議をかもしたのは事実だ。

 その鍛治舎が率いる秀岳館は夏の甲子園、2回戦で敗退した。今大会を最後に勇退を表明していた鍛治舎にとって、監督としての最後の試合となった。

 鍛治舎が率いる最後の試合を甲子園で見ていて、筆者が確かに感じたことがある。それは、監督になってからの3年5カ月、鍛治舎が時に嫌われ、批判を浴びながらも「結果」を出せるチームを一貫して育て上げてきたということだ。


 広陵との試合では、何度もピンチが訪れた。しかし、一度もマウンドに伝令を送らなかった。敗戦後に理由を聞かれて鍛治舎はこう答えた。「私は伝令を使いません。試合の流れを止めてまで選手たちをマウンドに集めて指示を出すのが好きじゃない。そのときに監督が何を考えているか、選手はわかっていますから。普段から指示を出さなくても選手が自分たちで判断し、考えられるようにしています。過去3回の甲子園でも、一度も伝令は出していません」。

 

 もちろん、これは一つの考え方であり、どのチームでも取り入れたほうがいい戦術、とは言い切れない。むしろ、「ピンチなのに伝令を送らないことに固執するのはおかしい」という批判もあるだろう。実際に、高校野球では伝令を送ったことが奏功し、選手が落ち着きを取り戻すケースも多々ある。

 ただ、一つわかることがある。大阪から多くの選手を呼び寄せたチーム作りにしろ、伝令を使わない野球にしろ、鍛治舎が自分の信念を強烈に貫いてきたということだ。

 高校野球人気の根底には郷土愛があるといわれる。だから、県外出身者ばかりのチームが愛されることは少ない。にもかかわらず、批判を恐れない鍛治舎の姿勢が甲子園出場4回、うち3度の準決勝進出につながったことは間違いない。いわば、「嫌われる勇気」を持って戦ってきたのが鍛治舎であり、秀岳館だった。

■東洋経済オンラインの関連記事■
甲子園で進撃、天理は「選手任せ」野球で強い
甲子園で「文武両道」の彦根東高が勝った意味
高校野球、名監督ほど難度増す「後継者問題」
■福井新聞ONLINEの関連記事■
友のグラブに堅守誓う
坂井のエースは国際大会経験者
横浜の甲子園ナインに福井県出身1年

関連記事