学校法人加計学園(岡山市)による愛媛県今治市での獣医学部新設計画に絡み、日本獣医師会の政治団体「日本獣医師連盟」傘下にある「愛媛県獣医師連盟」の2017年度の年会費徴収率が、全10支部のうち5支部から徴収を終えた段階で昨年度より12%低い70%にとどまっていることが22日、分かった。今治では約5割にとどまった。

 県獣医師連盟によると、会費を支払わない場合、事実上の離脱として扱われる。人手不足が指摘され、会員数の4割程度を占める公務員獣医師が支払いを拒否するケースが多いという。日本獣医師会が学部新設に反対していることから、反発が背景にあるとみられる。

関連記事
あわせて読みたい