米オレゴン州マドラスで観測された皆既日食=21日午前10時20分(共同)

 メラニア夫人とともに部分日食を眺めるトランプ米大統領=21日、ワシントン(UPI=共同)

 【マドラス共同】米西部の太平洋岸から東部の大西洋岸までの広い範囲で21日(日本時間22日未明)、地球と太陽の間を月が横切って太陽が完全に隠れる皆既日食が観測された。北米大陸を横断する形の皆既日食は1918年以来、99年ぶり。各地で多数の市民や観光客らが鑑賞、世紀の天体ショーに熱狂した。

 「あ、暗くなった」「すごい!」。最初の観測地となった西部オレゴン州のマドラスでは、太陽が月にすっぽり隠れ、周囲が薄闇に包まれると、集まった人々から一斉に大きな歓声が上がった。辺りの温度は急速に下がった。

関連記事
あわせて読みたい