北陸自動車道を走行中の大型トラックの前に立ちふさがり、運転手を脅してトラックを強奪したなどとして敦賀署、越前署、県警捜査1課と愛知県警の合同捜査本部は21日、強盗と窃盗の疑いでトルコ国籍の住所不定、無職エミノール・サワシュ容疑者(33)を逮捕した。

 福井、愛知両県警によると「車は盗んだが強盗はしていない」と容疑を一部否認している。同容疑者は強制わいせつ容疑で指名手配されており、トラックは逃走に使ったとみられる。

 逮捕容疑は7月6日午後6時ごろから同45分ごろの間に、南越前町の女性(79)方の車庫から軽乗用車(時価10万円相当)を盗んだ疑い。さらに同50分ごろ、敦賀市内の北陸道上り線で大型トラックを急停車させ、運転していた石川県津幡町の会社員男性(39)に「乗せろ。お前には悪いことをしないから」などと脅し、大型トラック(時価800万円相当)を強奪した疑い。

 両県警によると、同容疑者は軽乗用車を乗り捨てた後、歩いて北陸道に入ったとみられる。トラックの男性の110番通報を受け福井県警が盗難車両として手配。愛知県警に同県内で追跡され、複数の車にぶつかった。その後、別の窃盗容疑で現行犯逮捕された。

 両県警は8月14日付で合同捜査本部を設置していた。
 

関連記事
あわせて読みたい