競技かるたの全国福井大会A級を制した川崎文義名人=20日、福井県越前市の武生中央公園総合体育館

 競技かるたの第70回全国福井大会(福井県かるた協会、福井新聞社主催)は最終日の20日、越前市の武生中央公園総合体育館でA級(四段以上)とB級(二、三段)を行った。A級は福井渚会の川崎文義名人(28)=八段、越前市=が3年ぶり4度目の優勝を果たした。

 A級は県勢26人を含む75人が出場し、元クイーンの坪田翼七段(東京東会)、荒川裕理六段(京都小倉かるた会)、元名人の川瀬健男九段(岐阜県かるた協会)ら県外の実力者も顔をそろえた。B級は県勢16人を含む101人が出場。それぞれトーナメントで争った。

 川崎名人は1回戦から順調に勝ち進み、3回戦から準々決勝までは10枚差以上の貫禄勝ち。準決勝は終盤に粘る坪田七段を3枚差で振り切った。決勝は、元準クイーンの山添百合六段(京都小倉かるた会)との対戦。序盤に連取を許す苦しい展開から大接戦に持ち込み、最後は1枚差で下した。

 B級は酒向玲都二段(大阪大かるた会)が優勝した。県勢では河合千映三段、木村晃平三段(ともに福井渚会)が3位に入った。

 会場に隣接するメインアリーナでスクリーン中継があり、全日本かるた協会の高洲慶一六段らが解説。張り詰めた雰囲気で繰り広げられる熱戦に多くのファンが見入っていた。インターネットの動画配信サイト「ニコニコ生放送」でも中継された。

 主な上位入賞者は次の皆さん。

 ▽A級 (1)川崎文義(福井渚会)(2)山添百合(京都小倉かるた会)(3)坪田翼(東京東会)齋藤玄志(群馬県高校文化連盟)(4)高間光平(福井渚会)
 ▽B級 (1)酒向玲都(大阪大かるた会)(2)福島もえ(神戸田子の浦会)(3)河合千映(福井渚会)木村晃平(同)

関連記事
あわせて読みたい