20日午後2時55分ごろ、福井県坂井市三国町池見の九頭竜川で、同市の会社員男性(52)の水上バイクでけん引していた浮輪が三国大橋の橋脚に衝突。浮輪には3人が乗っており、福井市の女子大学生(19)が頭の骨などを骨折、坂井市の女子専門学校生(19)が骨盤を折るなどそれぞれ重傷。同市の20歳代男性が軽傷を負った。

 県警坂井西署によると、現場は九頭竜川右岸から西に約100メートル。男性と浮輪の3人は知人で、2人用の浮輪に3人が乗っていた。下流から橋をくぐって旋回、再び下流に向かった際に浮輪が橋脚に衝突したらしい。全員ライフジャケットを装着していた。同署で詳しい原因などを調べている。

関連記事
あわせて読みたい