「全身全霊全部で福井マラソンを楽しみましょうニャー」と参加を呼び掛ける猫ひろしさん

 秋空の下、県都の市街地を駆け抜ける福井マラソン。1978年のスタートから延べ20万5709人が思い思いのドラマを創り上げた。大会に花を添えるゲストにはこれまでタレント島崎和歌子さんや元五輪選手の松野明美さん、世界陸上女子マラソン銅メダリスト千葉真子さんらが参加した。10月1日開催の節目の40回大会は、リオ五輪マラソン出場のタレント猫ひろしさんが登場。猫さんに福井の印象や福井マラソンへの意気込みなどを聞いた。

 ―「福井県」や「福井マラソン」の印象は?

 福井県といったら、越前がにに越前そばに羽二重餅! 越前そばと羽二重餅でしっかりカーボローディング(炭水化物補給)して、ゴール後は福井でしか味わえない越前がにを目指して、ネコまっしぐらに走ります!

 第40回を迎えた福井マラソン! 40回、40年といったら、猫だったら2回くらい生まれ変わってる年月。そんな由緒ある大会に呼んでいただきひろし感激! 競技性の高い大会と聞いていますので、脚でも本職の芸人としても大会を盛り上げられればと思います。

 ―東京五輪に向けて。

 今年で40回を迎える福井マラソンと全く同じ40歳の猫ひろし! 年齢に関係なく、きちんと練習すればマラソンはタイムが上がることを体現できるよう、毎日30キロ以上走って自己ベスト更新目指してやっています! 2020年も何らかの形でカンボジア代表としてオリンピックで東京に凱旋(がいせん)できるよう頑張ります!

 ―猫さんにとって「走るとは」「マラソンとは」。

 大好物、大好きなものです。猫で例えたら、キャットフード、かつお節、マタタビです。にゃくてはにゃらにゃいものです。

 ―今回は5キロに出場。

 もちろん世界新記録を狙って本気で走ります!

 ―一緒に福井マラソンを走る参加者にメッセージを。
 皆さん、40回を迎えた福井マラソン、必死に走って、全身全霊全部で福井マラソンを楽しみましょうニャー。


■ランナー募集

 第40回福井マラソンの参加申し込みはインターネットや郵便振替、福井新聞社の本社読者センターや県内支社・支局で受け付ける。締め切りは郵便振替と福井新聞社持ち込みが8月24日、インターネットは同31日で、中学・高校生は保護者の同意が必要。

 5キロ、10キロ、ハーフの3コースがあり、参加料は一般がハーフ4000円、10キロ3700円、5キロ3200円。中学・高校生は1600円(中学生は5キロのみ参加可)。チーム対抗もあり、個人参加料に加え1チーム3000円が必要。

 問い合わせは福井新聞社事業局内の福井マラソン大会事務局=電話0776(57)5180。

関連記事
あわせて読みたい