福井―石川 6回福井、2死一、二塁の好機に三邪飛に倒れ顔をしかめる松本友=福井県坂井市の三国運動公園野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは19日、福井県坂井市の三国運動公園野球場で石川ミリオンスターズと戦い、3―12で敗れた。後期通算11勝15敗2分けで、西地区3位。2位信濃とのゲーム差は6・5に広がった。次戦は20日午後1時から、同球場で富山GRNサンダーバーズと戦う。

石川
010 021 107…12
300 000 000…3
福井

 【評】福井は一回の先制点を生かせず、逆転負けした。

 打線は一回、四球と敵失で2死二、三塁とし、甲川稔が左翼席に本塁打を放ち3点を先行。しかし、二回以降は無得点。計6度の得点機をつくりながら拙攻が続いた。

 先発浜岡秀輔は3―1の五回、神谷塁に四球を与えると続く宮澤和希に一発を浴び同点。代わった内藤久文が六回2死一、二塁から適時打を許し勝ち越された。3―5の九回には藤岡雅俊が2点適時打、藤井徳馬が2ランを浴びるなどこの回計7失点した。

 

関連記事
あわせて読みたい