【ニューヨーク共同】世界の地名の決め方を話し合う国連の会議で16日、日本海の呼称について、韓国政府代表が同国で一般的な「東海」を併記すべきだと主張し、日本政府代表は「適切でない」と反論した。

 この会議は5年に1度開かれる「国連地名標準化会議」で、8〜17日の日程で開催中。特定の地名の変更の是非を議論する会議ではないが、韓国は1990年代から、この会議で「東海」の呼称が適切だとの提起を繰り返している。

 韓国政府代表は「東海」の名称は2千年以上前から朝鮮半島の人々が使っているほか、韓国政府の主張を受けて国外でも使われる例が増えつつあると訴えた。

関連記事
あわせて読みたい