16日、ワシントンで記者会見するメキシコのグアハルド経済相(左)(共同)

 【ワシントン共同】メキシコのグアハルド経済相は16日、米国、カナダと結ぶ北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉開始を宣言する共同記者会見で「3カ国の共通利益を見いだすのは難しいかもしれない」と述べ、協議は難航する可能性があるとの懸念を示した。

 トランプ米政権がメキシコに対する巨額の貿易赤字削減を狙い、自国に有利な内容に協定を変えようとしていることを踏まえた発言とみられる。

 カナダのフリーランド外相は会見で「自由で公正な協定を目指す。(勝つか負けるかの)ゼロサムゲームではない」と語り、米国をけん制した。

関連記事
あわせて読みたい