いちほまれの穂

 農業所得向上へ、味や品質に加え、価格面でも「日本一」を目指している福井のブランド米いちほまれ。今年の生産者への“基本価格”が玄米1俵当たり1万5千円に決まった。今年の県産コシヒカリの内金を同1万3千円と想定した上で、作付面積1ヘクタールの農家が10アール当たり同じ9俵を収穫した場合、いちほまれの方が18万円の収入増になる計算だ。

 ⇒【関連記事】いちほまれの買い取り価格が決定

 全国のブランド米価格との比較では、JAが卸売業者に販売する金額「相対取引価格」が一つの指標となる。相対取引価格には、農家に支払った金額に流通経費や販売促進費、JA保管料、手数料など2千円程度が上乗せされるのが県内では一般的。これを加味すれば、いちほまれの相対取引価格は1万7千円程度と見込まれる。

 ただ、首都圏を中心に売り込むいちほまれは、福井米の従来の売り先の関西圏よりも流通経費が膨らむ。販売PRにも力を入れるため上乗せ額は2千円より大きくなり、昨年の特別栽培の山形県産つや姫の1万7100円(農林水産省・米穀の取引に関する報告)を上回る可能性もある。

 来年からのコメの生産調整(減反)見直しで、減反協力農家に支払われてきた10アール当たり7500円の直接支払交付金はなくなる。1ヘクタール規模の農家だと単純に収入が7万5千円減る。しかし作付けをコシヒカリから、単価が2千円高いいちほまれに切り替えれば、交付金の減額分を補えるのはもちろん、10万円の増収が期待できる。

関連記事
あわせて読みたい