日米共同訓練で射撃をする陸上自衛隊の90式戦車=16日午前、北海道大演習場

 北海道で10日から実施されている陸上自衛隊と米海兵隊の共同訓練の一部が16日、報道関係者に公開された。この日は北海道大演習場(千歳市など)で、小銃や機関銃、戦車砲による実弾射撃訓練を実施。訓練参加を巡って地元自治体などが反発していた米軍の新型輸送機オスプレイは、18日から参加する予定だ。

 陸自北部方面総監部によると、訓練には陸自側約1300人、米軍側約2千人が参加し、同演習場や上富良野演習場などで28日まで実施する。

 日本政府は5日のオーストラリア沖でのオスプレイ墜落事故後、飛行自粛を要請したが、11日に飛行再開を容認した。

関連記事
あわせて読みたい