学童野球の高円宮賜杯第37回全日本大会は14日、東京の神宮球場で準々決勝を行い、福井県代表の鯖江野球スポーツ少年団は0―1で北ナニワハヤテタイガース(兵庫)に惜敗し、4強入りはならなかった。

北ナニワ
100 000 0…1
000 000 0…0
鯖江

■北ナニワ 寺田温人―倉内愛流
■鯖江 井上開斗、中村勝―平田海智

 鯖江は初回、挟殺プレーのミスで先制点を許した。二回以降は井上開斗、中村勝両投手の力投で無失点に抑えたが、唯一の失点が決勝点になった。

 打線は七回、先頭中村選手の安打などで、1死一、二塁としたが、最後は併殺に倒れ、及ばなかった。

関連記事