ロングティーで快音を響かせる主砲の杉園=兵庫県伊丹市の伊丹スポーツセンター(大分合同新聞社提供)

 【大分合同新聞社提供】第99回全国高校野球選手権大会第6日は13日、甲子園球場で2回戦4試合がある。大分県代表の明豊(2年ぶり6回目)は第4試合で福井県代表の坂井(初)と対戦する。

 明豊ナインは12日、兵庫県伊丹市の伊丹スポーツセンターで最終調整した。試合の鍵を握る投手陣は約50球を目安に投げ込んだ。橋詰開斗(3年)、佐藤楓馬(同)らは相手打線を想定しながら、コーナーへの制球を入念に確かめた。

 野手陣は初戦までの最後の屋外練習ということもあり、気持ちを高めながら守備、打撃練習に励んだ。浜風対策も忘れず、川崎絢平監督が甲子園での飛球の取り方を伝授し、選手たちもノック時に甲子園での守りをイメージしながら、機敏な反応を見せていた。

 待ちに待った初戦を迎える。この日も快音を響かせていた主砲の杉園大樹(同)は「甲子園で一発が出ればこれ以上ないが、泥くさくても打点が挙げられる4番でいたい」と決意を口にした。

関連記事
あわせて読みたい