栃木ー福井 5回福井1死一、二塁、荒道(左から2人目)が3ランを放ち12ー0とする=小山運動公園野球場

 ルートインBCリーグ西地区の福井ミラクルエレファンツは11日、栃木県の小山運動公園野球場で東地区の栃木ゴールデンブレーブスと戦い、17―1で勝利した。2連勝で、後期通算10勝12敗2分け。順位は西地区3位で変わらない。次戦は12日、群馬県高崎市の城南球場で群馬ダイヤモンドペガサスと対戦する。

福井
400 173 002…17
000 010 000…1
栃木

 【評】福井は今季最多の17得点を奪い大勝。岩本輝が7回1失点に抑え6勝目を挙げた。

 打線は初回、2死一、二塁から松本友の中前打で先制。さらに満塁とし、浜崎裕太が走者一掃の二塁打を放ち計4点を挙げた。5―0の五回には、荒道好貴の5号3ランなど打者12人の猛攻で7点を追加。九回にも2点を奪うなど最後まで攻め続けた。

 先発岩本輝は7回を投げ失点はソロのみ。7安打を許したが要所を締めた。八回は藤原静也、九回は廉都がともに無失点に抑えた。

関連記事
あわせて読みたい