10日、地震の被害で水が干上がった九寨溝自然保護区の「火花海」。下は2016年4月に撮影された写真=中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州(共同)

 【九寨溝共同】水が干上がり、底が露出した池。中国内外の観光客を魅了したエメラルドグリーンの景観は無残な姿に変わり果てていた―。中国四川省アバ・チベット族チャン族自治州にある世界自然遺産の九寨溝自然保護区。「復旧には2〜3年はかかるだろう」。8日の地震の猛威を物語る爪痕を前に、住民ら関係者の表情には失意の色が濃い。10日、外国メディア記者として初めて、被災した保護区内に入った。

 震源地の九寨溝県の中でも極めて深刻な被害を受けたのが自然保護区。管理局によると海抜約2200メートル地点の名所の池「火花海」は長さ50メートル、深さ12メートルにわたり決壊した。

関連記事