本県地方は十一日、強い太平洋高気圧に覆われ、午前中から気温がぐんぐん上昇。小浜で最高気温三六・八度を記録したのをはじめ、県内七つの観測地点で三五度を超える猛暑日となった。

 福井地方気象台によると、猛暑日となったのは小浜のほか、敦賀三六・六度、福井三六・四度、今庄三六・二度、美浜三六・二度、大野三六・一度、勝山三五・三度。いずれも、今年一番の暑さだった。

 福井、敦賀では一日以降、十一日連続で三十度以上の真夏日となっている。福井市内では、地上付近の空気が熱せられ建物や車、人が揺らいでみえる「かげろう」や、光の異常屈折で路面に水たまりのようなものが現れる「逃げ水」がみられた。

 本県地方は十二日も晴れで、最高気温は福井、敦賀、大野とも三六度と予想されている。猛暑は当面続くとみられ、同気象台は高温による熱中症や農作物の管理に注意を呼び掛けている。

関連記事
あわせて読みたい