相手のボール配置も考慮した頭脳的な攻めが鍵になるゲートボール=福井市すこやかドーム

 1947年に日本で考案されたチーム対抗スポーツ。1チーム5人で、それぞれのチームが交互にボールを打ち、30分間で得点の多い方が勝ち。

 三つあるゲートを順番に通過すると、そのたびに1点ずつ入る。最後はコート中央のボールポールに当てると2点。相手ボールをはじき出すこともできるため、相手のボール配置も考慮しながら攻める“頭脳ゲーム”の要素が魅力の一つ。

若狭町
輝きと優しさに出会えるまち 若狭町
【編集部が勝手にオススメ】▽観光 熊川宿、三方五湖▽味覚 若狭フグ、福井梅 【…
公開、デモ、オープン
公開、デモ、オープン