濁流につかる車=8日午前9時、福井市薬師町

 福井県内は8日、台風5号の影響で各地で嶺南を中心に大雨となった。災害の恐れがあるとして敦賀市は全域に、福井市は一部に避難勧告を発令していたが、敦賀市は午後0時5分、福井市は午後2時15分に解除した。県内の勧告はすべて解除された。

 敦賀市では笙の川が一時氾濫危険水位を超え、流域の地域に対し避難指示が出された。

 福井市では東安居、西藤島、安居、殿下、棗、鷹巣、本郷、美山地区(下宇坂、芦見、羽生、上味見、下味見、上宇坂)の計8977世帯2万4493人に避難勧告が発令された。

 午後2時50分現在、永平寺町は吉峰、栗住波、せせらぎ、浅見の4エリアに「避難準備・高齢者等避難開始」情報を出している。お年寄りや、体の不自由な人、小さな子供がいる人など、避難に時間のかかる人の避難開始を呼び掛けている。

 県などは敦賀市、南越前町、美浜町に土砂災害警戒情報を出していたが、同0時10分に解除した。

 県内では福井、あわら、坂井、大野、勝山、敦賀の6市と永平寺、南越前、美浜の3町に大雨警報が出ている。

 8日に予想される1時間降水量は、多い所で、嶺北30ミリ、嶺南30ミリの見込み。 

 気象庁によると台風5号は、8日午前10時には新潟県糸魚川市の北約50キロにあって、1時間におよそ20キロの速さで北北東へ進んでいる。中心の気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで中心の南東側370キロ以内と北西側220キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 台風5号は、8日は東日本を北東に進み、9日夜までに東北地方の日本海側で温帯低気圧に変わる見込み。

関連記事
あわせて読みたい