台風5号の予想進路(8日午前6時現在)

 福井地方気象台によると、台風5号は8日午前4時には石川県白山市付近を1時間におよそ25キロの速さで北北東へ進んでいる。今後東日本を北東に進み、9日夜までに東北地方の日本海側で温帯低気圧に変わる見込み。中心の気圧は986ヘクトパスカル、最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、中心の南東側330キロ以内と北西側220キロ以内では、風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 7日午前6時から8日同5時までの福井県内の総降水量(アメダス速報値)は、多い所で、敦賀市181.0ミリ、小浜市、176.5ミリ、おおい町、141.0ミリ、美浜町131.0ミリ、大野市九頭竜124.5ミリとなっている。

 8日に予想される1時間降水量は、多い所で嶺北50ミリ、嶺南60ミリの見込み。また同日午前6時から9日午前6時までに予想される24時間降水量は、多い所で嶺北120ミリ、嶺南120ミリの見込み。

 交通機関にも大幅に乱れがでている。NEXCO中日本によると午前6時現在、北陸道上り・武生IC―木之本IC間と下り木之本IC―今庄IC間が大雨のため通行止めになっている。また舞鶴若狭自動車道の小浜西IC―舞鶴東IC間は上下線ともに通行止めになっている。越前・河野しおかぜラインは午前6時から通行止めになっている。

 JR西日本によると8日午前6時現在、北陸線の特急38本と普通列車33本が運休となっている。越美北線は全ての列車の運転を取り止め、小浜線も始発から13本の運転を取り止める。

 風は8日朝まで海上では非常に強く吹き、8日昼過ぎにかけて強く吹く予想。8日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、嶺北の陸上で15メートル(30メートル)海上で20メートル(30メートル)、嶺南の陸上15メートル(30メートル)海上 20メートル(30メートル)となっている。
 

関連記事