台風5号の予想進路(7日午前6時現在)

 台風5号は7日、高知・足摺岬沖を北東に進み、同日午前にも四国に上陸する恐れがある。

 福井地方気象台によると、台風5号は7日夜のはじめごろから8日未明にかけて、福井県に最も接近する見込み。低い土地の浸水や土砂災害、洪水に注意し、早めに防災体制をとるよう呼び掛けている。

 温かく湿った空気が県内に流れ込み、大気の状態が不安定になるため、7日から8日にかけて、多い所では1時間に70ミリの雷を伴う非常に激しい雨が降る恐れがある。7日午前6時から8日午前6時までに予想される24時間降水量は、多い所で、嶺北250ミリ。嶺南300ミリの見込み。

 付近の海上では秒速23メートルの非常に強い風、陸上では秒速16メートルの強い風が吹く見通し。

 台風第5号は7日午前5時現在、足摺岬付近にあり、時速約15キロで北東へ進んでいる。中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルで、中心から半径90キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。中心から半径280キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。台風第5号は今後速度をやや速めながら北東方向に、四国地方から近畿地方へと進み、福井県に接近する見込み。

 気象庁によると、6日午後までに鹿児島県奄美市で48時間に600ミリ以上の雨量を観測し、8月の最多記録を更新。宮崎県えびの市では24時間雨量が300ミリを超え、鹿児島県の種子島では最大瞬間風速36・3メートルを記録した。

 台風の影響で湿った空気が関東地方に流れ込んだため、気象レーダーによる解析では、6日午後8時から午後9時にかけ、群馬県みどり市東町付近で約110ミリの猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は記録的短時間大雨情報を出した。

関連記事
あわせて読みたい