果敢にレシーブする村上めぐみ=5日、福井県小浜市の若狭鯉川シーサイドパーク

 ビーチバレーボールのジャパンツアー第6戦、若狭おばま大会(福井新聞社後援)が5日、福井県小浜市の若狭鯉川シーサイドパークで開幕した。福井県勢は村上めぐみ(オーイング)のペア、土屋宝士(同)のペアが4強入りし、6日の準決勝に進んだ。

 日本バレーボール協会と日本ビーチバレーボール連盟が主催。男女各16組、計64選手が参戦した。

 初日は男女とも予選を行った後、本選から出場する8チームを加えた計12チームが、四つのプールに分かれて総当たりで熱戦を繰り広げた。

 プール戦では、ツアー第5戦に続く優勝を狙う村上・石井美樹(湘南ベルマーレ)組、土屋組はともに2戦全勝で首位通過。男子の道木優輝(SANDS)のペアは1勝1敗、女子の幅口絵里香(オーイング)のペアは2連敗で、ともに準決勝に進めなかった。

 6日は準決勝と決勝があり、オーイング杯第4回若狭おばまオープン大会も同時開催される。

関連記事
あわせて読みたい