福井―富山 4回裏福井1死一、三塁、浜崎裕太が中前適時打を放ち先制する=4日、福井フェニックススタジアム

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは4日、福井市の福井フェニックススタジアムで富山GRNサンダーバーズと戦い、11―2で勝利した。後期通算8勝11敗2分けで、順位は西地区3位。次戦は5日午後1時から、福井県越前市の丹南総合公園野球場で信濃グランセローズと対戦する。

富山
000 020 000…2
000 305 21×…11
福井

 【評】福井は効率よく加点し、試合をリード。後期初の2桁得点を挙げ快勝した。

 打線は四回、1死一、三塁とし浜崎裕太の中前適時打で先制。3―2の六回は、2死満塁から松本友が走者一掃の三塁打を放つなど5点を追加。七回にも栗田茂樹、片山雄哉が適時打を放ち、攻撃の手を緩めなかった。

 先発岩本輝は6回を5安打2失点。七回以降はイム・テフン、内藤久文、藤井徳馬とつなぎ無失点に抑えた。野手も無失策で力投する投手陣をもり立てた。

関連記事
あわせて読みたい