福井―信濃 3回、信濃の大平成一(中央)に勝ち越しの3点本塁打を浴び、立ち尽くす福井先発の武田征也(右)=3日、福井フェニックススタジアム

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは3日、福井市の福井フェニックススタジアムで信濃グランセローズと戦い、4―6で敗れた。3連敗を喫し、後期通算7勝11敗2分けとなった。順位は西地区3位のまま。次戦は4日午後6時から、同球場で富山GRNサンダーバーズと対戦する。

信濃
103 200 000...6
010 102 000...4
福井

 【評】福井は先発武田征也が5回6失点の乱調。打線は反撃を見せたが、11残塁でもう一押しが足りなかった。

 武田は初回、先頭ライの二塁打を足場に先制点を許した。1―1の三回は大平成一に3ランを浴び、四回にも2失点。試合をつくれなかった。

 5点差を追う打線は四回2死満塁から小野瀬将紀の押し出し四球で1点。六回には高柳翔宇の適時打などで2点を返した。だが、七回1死一、二塁、八回1死満塁の好機でいずれも併殺に倒れ、あと1本が出なかった。

関連記事
あわせて読みたい