甲子園練習でノックを受ける坂井の松浦光輝(手前)ら=甲子園

 第99回全国高校野球選手権大会の開幕を7日に控え、初出場の坂井(福井)が2日、兵庫県西宮市の甲子園球場で練習した。打撃はせず、30分間のほとんどを守備練習に充て、聖地の感触を確かめた。川村忠義監督は「うちは守り勝つチームスタイルなので、守りを重点的にやらせてもらった」と狙いを語った。

 午後1時半に開始のサイレンが鳴ると、ナインは吉田温郎主将のかけ声で一斉にグラウンドに飛び出した。立っているだけで汗が噴き出すほどの暑さの中、松浦光輝、吉田の二遊間を中心に内野陣はゴロを軽快にさばいた。内外野の中継プレーや独特の風を意識したフライの練習にも時間をかけた。

 吉田は「他の球場と雰囲気が違ってまだ少し慣れていない。みんな硬かった。初戦は全員で楽しみながら勝ちにいく」と甲子園初勝利に向け、気持ちを高ぶらせた。

 打撃はしなかったが、各打者が交代で打席に入り、投球練習するエース吉川大翔、帰山慎の球筋を見てタイミングを取った。4番牧野は「ボールは見やすかった」と打つイメージを膨らませていた。

関連記事
あわせて読みたい