優勝した村上めぐみ(左)、石井美樹組=茨城県の大洗サンビーチ

 ビーチバレーボールのジャパンツアー第5戦大洗大会は29、30日、茨城県の大洗サンビーチで開かれた。福井県勢女子の村上めぐみ(オーイング)は石井美樹(湘南ベルマーレ)とペアを組み、全4試合ストレート勝ちを収めて優勝した。

 今季同ツアーでの優勝は初めて。

 村上組は本戦プール戦から出場し2戦2勝。準決勝は楠原千秋・村上礼華組(伊予市役所・松山東雲女大)に21―8、21―8で快勝。決勝は西堀健実・草野歩組(トヨタ自動車・日体大)に21―19、21―15で競り勝った。

 サーブやスパイクなどの攻撃が好調だったといい、村上は「試合に対しての気持ちの持っていき方もよかった」と勝因を振り返った。

 このほか男子の土屋宝士(オーイング)のペア、女子の幅口絵里香・坂口由里香組(オーイング)は本戦プール戦1勝1敗で準決勝に進めなかった。

 男女各16チームが出場した。

関連記事