日本女子プロゴルフ協会(LPGA)のプロテストは28日、富山県の小杉CC(パー72)で最終ラウンドが行われ、通算11アンダー、277とした19歳の松田鈴英(福井工大福井高出身)がトップとなり、2アンダーまでの22人が合格した。2014年にアマチュアでツアー優勝した勝みなみは5アンダーの9位。

 松田は、8月4日開幕の北海道meijiカップから今季のツアー14試合の出場権を獲得した。

 昨年の日本ジュニア選手権を制した新垣比菜は9位、小祝さくらは19位で通った。昨年の日本女子アマ選手権優勝の高橋彩華は6オーバーの53位で不合格だった。

関連記事
あわせて読みたい