福井―新潟 9回福井1死一、二塁の好機で三振に倒れ、苦い表情の木下裕揮(手前)=福井フェニックススタジアム

 ルートインBCリーグ、西地区の福井ミラクルエレファンツは27日、福井市の福井フェニックススタジアムで東地区の新潟アルビレックスBCと戦い、1―4で敗れた。後期通算6勝8敗2分けで、順位は3位のまま。次戦は28日、富山県の高岡西部総合公園野球場で富山GRNサンダーバーズと対戦する。

新潟
004 000 000...4
000 000 100...1
福井

 【評】福井は新潟の先発トルスの前に打線が沈黙。七回に1点を返すのが精いっぱいだった。

 先発武田征也は三回、1死一塁から連打で先制点を献上。さらに、適時三塁打などを浴び、この回計4失点した。六回から内藤久文、角屋龍太、藤原静也と継投し無失点に抑えたが、打線の援護がなかった。

 打線は六回まで、わずか2安打。0―4の七回に、失策と四球で2死一、二塁とし小野瀬将紀が右前適時打を放ったが反撃はここまで。九回、1死一、二塁の好機も生かせなかった。

関連記事
あわせて読みたい