今回のコラムは実際に私たちのクラスでよくディスカッションに引用するおはなしから、はじめていきますね。

 飢饉が起こって、食べるものがなくなってしまいました。身内の人が空腹を感じているときに、お隣さんの庭には、たわわに食物がたくさん実っていました。生命には変えられないので、黙って食物をとって身内の食卓に並べて食べることにしました。お隣さんのご家庭が食べ物を盗られたと言って、警吏をよび泥棒だと突き出します。警吏は、食物を食べたのかと質問します。食べていないといいます。この答えはウソつきでしょうか?正直者なんでしょうか?身内の人がいいます。自分さえ良ければいいというお隣さんが悪い。身内の人をかばうのは当たり前だから許されるんだよ。それでも、愛があったとしても、人のモノを盗んでしまったらそれは、捕まっちゃうんですよね。いったい、モノ泥棒はどんなことをおもい盗んでしまったんでしょう。正解は。

 夏、月日が過ぎるのが早過ぎです。お食事や日常生活を通じて、体内に入り込む有害物質としてデトックスをきいたことがある方も多いのではないでしょうか。此方は、健康や美容によい食生活の用語としても注目されていますね。現代社会では様々な有害物質も存在していて、口にすると体内に良くない物質があるんですよ。食材の栽培には農薬や化学肥料が使われていますね。流通に保存の効果をあげるために食品添加物もつかわれます。そして、自然界にも様々な重金属が存在しています。これは、カラダに入ると、栄養の代謝や細胞の新陳代謝を阻害してしまうこともあるんですね。そのために、食材の工夫や食事への配慮をしてデトックスを実践しようとする動きが広まっているんですね。東洋医学の考え方にも基づいていて、断食、マクロビオティック、ベジタリアンも、これらひとつの方法といっても良いでしょう。また、腸内洗浄や、岩盤浴、サウナも体外に排出する方法として知られています。

 ところで、このデトックスモデル方法を実践する目安にしているスケジュールは、お肌の偏差値(ピンク系オークル混合肌)お食事から働きかける方法をとってます。ライフスタイルにあわせて環境が変化する中での集中力をつくる源に留意しているものに、水銀・ヒ素・カドミウム・ホルムアルデヒドなどの化学物質と環境ホルモンが、アレルギーの原因になってしまったりすることがあります。過度な内臓脂肪や老廃物も、デトックスする有害物質基準値にしていてといいますと過度に気をつけて食材を選ばなければいけないのかと考えがちですが、自然界にはこういった有害ミネラルも存在していて、日常的に摂取する食材にも若干含まれていることがあるんですね。せっかくですので、どんな症状があるのかをあげてみたいとおもいます。ぜひ、食事目線からチェックして暗記力と実践力にしてどんな食べ物に原産地に蓄積されているのか調べて困っている方への療法してみてください。

1.水銀は鬱状態や皮膚炎などを引き起こします

2.ヒ素は疲労感や胃腸障害などを引き起こします

3.カドミウムは脱毛や貧血に食欲不振などを引き起こします

4.アルミニウムは筋肉痛やけいれんなどを引き起こします

5.鉛は貧血やめまいや頭痛などを引き起こします

6.ホルムアルデヒドは花粉症などを引き起こします

 理想的な食生活を実践できるということは、体内から有害な物質を追い出すデトックスにもつながっていること伝わったでしょうか。届いたでしょうか。デトックス方法を実践する目安にしているスケジュールは、お肌の偏差値(基準値)は、個々でやっていただいて、ぜひ、夢を叶える燃料に選食力を更にあげてみてください。

関連記事
あわせて読みたい