敦賀―福井高専 1失点で完投した敦賀の深山航=24日、福井フェニックススタジアム

 【全国高校野球選手権福井大会準々決勝・敦賀5ー1福井高専】

 投では深山航が1失点完投、打っては捕手神田大志が3安打3打点。吉長珠輝監督が「調和がとれている」と信頼を寄せる3年深山と2年神田のバッテリーが、投打で敦賀に勝利を呼び込んだ。

 「(深山は)直球の重さが調子のバロメーター」と神田。「調子は絶好調」という深山の言葉通りの重い直球を随所に生かした。二回、スライダーが甘く入り、本塁打を許したが、深山は「打たれたことは仕方ない。相手がうまかった」と気持ちを切り替えた。打順によって力を使い分け、カットボールなどの多彩な変化球も織り交ぜて三回以降は散発の単打四つに抑えた。

 打のヒーローにもなった神田は、捕手ならではの配球の読みがさえた。四回2死三塁の打席では「相手は自信がある直球で勝負してくる」と、3球目の直球を左前へ。次打席の六回2死二塁では「次は変化球でくる」の通り、内角のスライダーを中前へはじき返した。吉長監督は「神田はすごい捕手」と改めてたたえた。

 次戦に向け景山徳馬主将は「打線の粘りを出して深山を少しでも楽にできたら」とエースを気遣い、「相手に関わらず自分たちの野球をしたい」と闘志を燃やした。

関連記事