信濃―福井 9回福井2死一塁、中溝雄也(右)が勝ち越しの2ランを放ち、ホームで迎えられる=23日、長野県の松本市野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは23日、長野県の松本市野球場で信濃グランセローズと戦い、6―4で勝利した。後期通算6勝7敗2分けで、西地区3位に浮上した。次戦は27日午後6時から、福井市の福井フェニックススタジアムで東地区の新潟アルビレックスBCと対戦する。

福井
020 010 102…6
012 001 000…4
信濃

 【評】福井は九回に中溝雄也が勝ち越しアーチを放ち、連敗を3で止めた。

 打線は二回、2死満塁から荒道好貴の2点適時打で先制。1点を追う五回は浜崎裕太の適時打で同点。再び1点差とされたが、七回に甲川稔の適時打で追い付いた。4―4の九回、2死一塁から中溝が左翼席に3号2ランを放ち、試合を決めた。

 先発浜岡秀輔は5回0/3を投げ4失点。六回途中から藤原静也、内藤久文、武田征也、イム・テフンとつなぎ無失点。九回、2死一、二塁のピンチを招いたが、最後は藤岡雅俊が三振で締めた。

関連記事
あわせて読みたい