福井―信濃 8回表、信濃に打ち込まれ、藤岡雅俊(手前)と投手交代する内藤久文(右から3人目)=福井県坂井市の三国運動公園野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは22日、福井県坂井市の三国運動公園野球場で信濃グランセローズと戦い、6―8で敗れた。3連敗を喫し、後期通算5勝7敗2分け。順位は4位で変わらない。次戦は23日、長野県の松本市野球場で信濃と対戦する。

信濃
000 000 080…8
120 012 000…6
福井

 【評】福井は中継ぎ陣が崩れた。6点リードの八回に一挙8点を失い、逆転負けした。

 先発角屋龍太は7回無失点の快投。打線は一回に松本友の右前打で先制し、二回は小野瀬将紀の犠飛、平田光翼の適時打で2点を追加。五回には大松陽平がソロを放つなど、七回まで6―0とリードした。

 しかし、八回、継投した武田征也が3連打で満塁とされ、2点適時打を浴び降板。内藤久文、藤岡雅俊も打ち込まれ、この回8安打で8失点。試合を一気にひっくり返された。

関連記事