第99回全国高校野球選手権福井大会準々決勝・武生商業―敦賀気比 敦賀気比を破り笑顔を見せる武生商業ナイン=22日、福井フェニックススタジアム

 第99回全国高校野球選手権福井大会は22日、福井フェニックススタジアムで準々決勝を実施。第2試合は武生商業が敦賀気比を4―2で下し、2011年以来、6年ぶりとなる準決勝に駒を進めた。

敦賀気比
000 010 100…2
000 000 04×…4
武生商業

■武生商業 前澤佑哉、大塚理功―城野達哉
■敦賀気比 鷲尾拓也、長谷部健太、高橋丞―杉森圭輔

 武生商業は2点差を追う展開で迎えた八回、大塚理功の右前打や死球などで無死満塁とすると前澤佑哉が中前適時打を放ち同点に追い付いた。さらに2死満塁、内田和希の中前適時打で勝ち越し。相手失策の間に4点目を追加した。

 先発した前澤は、緩急をつけ巧みな投球で7回2失点。継投した大塚は2回を1安打に抑える好投を見せ、敦賀気比打線の反撃を封じた。

 敦賀気比は五回、阪口竜暉の左前適時打で先制。七回は大迫宙の右前打などで1死二、三塁とすると、阪口が犠飛を放ち2点目を挙げた。2点を追う最終回、上中尾真季が中前打で出塁するも後が続かず力尽きた。

 武生商業は25日、福井県営球場で敦賀―福井高専の勝者と準決勝を戦う。

 ⇒高校野球福井大会のトーナメントはこちら

関連記事