流し漉きの技法で作製される越前鳥の子紙=福井県越前市の卯立の工芸館

 国の文化審議会は21日、国重要無形文化財に、越前和紙産地で伝承されている手漉き和紙の製作技術「越前鳥の子紙(とりのこし)」をはじめ全国の11件を指定するよう、松野博一文部科学相に答申した。政府が9月にも官報で告示し、決定する。

 福井県内での国重要無形文化財は、2000年に重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された越前和紙「越前奉書」の9代目岩野市兵衛さん以来2件目。今回は、15年に設立された「越前生漉鳥の子紙保存会」(栁瀨晴夫会長)を保持団体とした。和紙関係の同一産地で複数が指定・認定されるのは全国初となる。

 越前和紙は約1500年の歴史を誇り、鳥の子紙は雁皮というジンチョウゲ科の植物を原料とする。触り心地は滑らかで耐久性に優れ、虫害も少ないことから、経典や公文書用紙などとして愛用されてきた。

 室町中期の文献によると、公家や僧侶の土産としても重宝されていた。江戸時代の百科事典「和漢三才図会(わかんさんさいずえ)」では、越前府中の鳥の子紙について「紙王というべきか」と最高級の評価が記されている。

 こうした技術を受け継いでいこうと和紙職人たちが保存会を設立。16年には県の無形文化財に指定された。

 14年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)は「和紙 日本の手漉和紙技術」を無形文化遺産に登録しているが、国内最大産地の越前和紙は当時、技術継承の団体がなく、国の重要無形文化財に指定されていないことから登録が見送られた経緯がある。

 栁瀨会長は「まずは国の指定を目指してやってきたので、大変ありがたい。後継者を育成し技術をしっかりと受け継いでいくとともに、販路開拓にも取り組みたい」と話し、西川一誠知事は「優れた品質や幾世代にもわたり受け継いできた伝統の技に磨きをかけ、ユネスコへの登録を目指していく」とコメントした。

 重要無形文化財に関する文化審議会の答申内容は次の通り。(かっこ内は住所または所在地、敬称略)

 ◇重要無形文化財の指定と保持者(人間国宝)の認定【能囃子方小鼓】大倉源次郎(東京都世田谷区)【組踊音楽太鼓】比嘉聰(那覇市)【小石原焼】福島善三(福岡県東峰村)

 ◇重要無形文化財保持者(人間国宝)の追加認定【人形浄瑠璃文楽人形】吉田和生(兵庫県芦屋市)

 ◇重要無形文化財の指定と保持団体構成員の認定【長唄】伝統長唄保存会(東京都中央区)68人

 ◇重要無形文化財保持者の追加認定【人形浄瑠璃文楽】人形浄瑠璃文楽座(大阪市中央区)7人【能楽】日本能楽会(東京都豊島区)45人【清元節】清元節保存会(東京都港区)3人【琉球舞踊】琉球舞踊保存会(沖縄県与那原町)27人

 ◇重要無形文化財の指定と保持団体の認定【津軽塗】津軽塗技術保存会(青森県弘前市)【越前鳥の子紙】越前生漉鳥の子紙保存会(福井県越前市)

関連記事
あわせて読みたい