第99回全国高校野球選手権福井大会準々決勝・啓新―福井商業 完投した福井商業の石本太一=22日、福井フェニックススタジアム

 第99回全国高校野球選手権福井大会は22日、福井フェニックススタジアムで準々決勝を実施。第1試合は福井商業が啓新を2―1(延長11回)で下し準決勝に進出した。

啓新
000 000 010 00…1
000 001 000 01×…2
福井商業

■啓新 藤原直也、牧丈一郎―喜屋武賢
■福井商業 石本太一―長谷川晃太郎

 福井商業の先発、エースの石本太一は3戦連続の先発。完封勝利した2回戦に続き連戦となったが、疲れをみせず気迫のこもったピッチングを展開。再三のピンチもしのぎ完投を果たした。打線は、六回、四球や右前打で1死満塁とすると、森木太志朗の遊ゴロで先制。同点で迎えた延長十一回裏、左越え二塁打や四球で2死二、三塁とすると、代打森尚斗の打席で捕逸。三走が生還しサヨナラ勝ちした。

 啓新は八回表、坂上翼紗の中前二塁打や犠打で1死三塁とすると秋山和徳が右前適時打を放ち同点に追い付いた。九回と十一回に2死二、三塁のチャンスを迎えたが後1本が続かず力尽きた。

 ⇒高校野球福井大会のトーナメントはこちら

関連記事
あわせて読みたい