第99回全国高校野球選手権福井大会2回戦・福井商業―科学技術 科学技術を3安打完封に抑えた福井商業の石本太一=21日、福井県敦賀市総合運動公園野球場

 第99回全国高校野球選手権福井大会は21日、福井県内2会場で2回戦を実施。敦賀市総合運動公園野球場の第1試合は、福井商業が科学技術を2―0で下し1984年以降34年連続で夏の県大会準々決勝に進出した。

科学技術
000 000 000…0
000 001 10x…2
福井商業

■科学技術 宮川敬梧、松永侑也―八木下和輝
■福井商業 石本太一―長谷川晃太郎

 両チーム無得点のまま迎えた六回、福井商業は先頭の木下風汰が二塁打で出塁。水町和葵がきっちり送って1死三塁、名下涼人がスクイズを決め貴重な先制点を奪った。七回には1死二塁から黒田圭悟が適時打を放ち1点を追加した。

 投げては先発の石本太一が初戦2桁得点を挙げた科学技術打線を散発3安打に抑え完封した。

 科学技術は三回、1死一二塁としたが無得点。六回も2死三塁としたが本塁が遠かった。

 勝った福井商業は準々決勝で第1シードの啓新と対戦する。(22日、フェニックススタジアム第1試合)

 ⇒高校野球福井大会のトーナメントはこちら

関連記事
あわせて読みたい