全国高校野球選手権福井大会の見どころ

 第99回全国高校野球選手権福井大会第4日の21日は、福井県内2会場で2回戦6試合を行う。敦賀市総合運動公園野球場の第2試合は敦賀―若狭の嶺南対決。ともに甲子園経験のある古豪同士が相まみえる。

 敦賀は1回戦で第3シードの高志を4―1で退けた。先発した深山航が7回1失点の好投。打線では景山徳馬が2安打3打点と存在感を見せた。勝てば2010年以来7年ぶりの8強となる。一方の若狭は1回戦で武生工業を3―2で下した。中軸の入江花男、山口源輝らの活躍で序盤にリードし、粘る相手を振り切った。3年連続の8強入りを見据える。

 第1試合は福井商業と科学技術が対戦。夏にめっぽう強い福井商業は1984年以降、33年連続で準々決勝以上に駒を進めている。今大会もエース石本太一を中心に投打充実。1回戦は福井農林に10-1でコールド勝ちした。科学技術は一泡吹かせられるか。

 第3試合は丹生と福井高専が対戦。丹生は1回戦で前評判の高かった羽水に逆転勝利し勢いに乗る。6年ぶりの8強を狙う。福井高専は1回戦で足羽に6―3で快勝し、4年連続で初戦を突破。チーム初の夏季8強が目前に迫る。

【福井フェニックス】

武生商業―奥越明成(午前9時)

美方―坂井(午前11時半)

三国―武生(午後2時)

【敦賀市総合】

福井商業―科学技術(午前9時)

敦賀―若狭(午前11時半)

丹生―福井高専(午後2時)

※試合開始時間はいずれも予定

関連記事