第99回全国高校野球選手権福井大会1回戦・羽水―丹生 九回、最後の打者を三振に打ち取り喜ぶ丹生の玉村(中央)=16日、福井フェニックススタジアム

 第99回全国高校野球選手権福井大会は16日、福井県内2会場で1回戦を実施。福井フェニックススタジアム第3試合は丹生が羽水を3―2で下し2回戦に進出した。

羽水
002 000 000…2
000 001 02x…3
丹生

■羽水 佐藤義視、岩佐京志郎―藤田悠来
■丹生 木原捷太、玉村昇悟―赤井翔

 丹生は夏の大会で4年ぶりの初戦突破。

 丹生は2点を追う六回、2死一塁から5番来田宗純の右翼線二塁打で1―2。八回は3番赤井翔の左前打などで1死一二塁とすると、4番辻笙平は右中間に三塁打を放って走者2人を返し、3―2と逆転に成功した。

 丹生先発の木原捷太は7回1/3を投げて被安打7ながら2失点。八回途中から登板した2番手玉村昇悟は、九回に2死一二塁とされたが後続を三振に打ち取り得点を許さなかった。

 羽水は三回、5番佐藤義視の右前適時打、続く6番川崎大輔の左前適時打で計2点を挙げた。しかし四回以降は要所であと一本が出なかった。

⇒高校野球福井大会のトーナメントはこちら

関連記事
あわせて読みたい