敦賀気比―金津 8回表敦賀気比1死二、三塁、鎌田瑛光の犠飛で三走の武隈陽平(右)が生還し5―2とする=福井県敦賀市総合運動公園野球場

 【全国高校野球選手権福井大会1回戦・敦賀気比5―2金津】

 ノーシード敦賀気比が苦しみながらも春8強の金津をかわし、2年ぶりに初戦突破。東哲平監督は「夏一つ勝つことがどれだけしんどいことかが分かっていない」とミスも出た内容に不満顔だったが、ピンチで継投した鷲尾拓也、長谷部健太の両右腕が反撃の芽を摘んだ。

 先発高橋丞が三回に2点を失い、4―2の四回は2死一、二塁の場面で背番号10の鷲尾が救援。「流れを止めるために全力でいった」。それまで2安打の1番高柴太一を勢いのある球で一邪飛に打ち取った。

 七回は鷲尾が2四球を与え、1死一、二塁で背番号1の長谷部がマウンドへ。犠打で走者を進められたが、「気持ちで負けない」と後続を変化球で二ゴロに抑えた。

 打線が中盤以降、相手エースを打ちあぐねる苦しい展開だったが、絶対的なエースが不在と言われる中、鷲尾、長谷部ともに2回2/3を無安打無失点と意地で踏ん張った。

 昨秋の県大会は8強止まり。今春は1回戦で敗れ、悔しさを味わってきた。2回戦は強打の福井工大福井とぶつかる。「弱いチームが勝つためには、守りでミスを最小限にすること」と東監督。大一番に向け、2人の右腕は「最少失点に抑えたい」と同じ言葉に闘志を込めた。
 

関連記事
あわせて読みたい