第99回全国高校野球選手権福井大会1回戦・若狭―武生工業 三回、決勝点となる本塁打を放った若狭の山口源輝=16日、福井フェニックススタジアム

 第99回全国高校野球選手権福井大会は16日、福井県内2会場で1回戦を実施。福井フェニックススタジアム第2試合は若狭が武生工業を3―2で破り2回戦へ進出した。

武生工業
000 000 020…2
111 000 00X…3
若狭

■武生工業 宮下哲平、笠嶋直弥―幸明慶勳
■若狭 炭本祐満、小原陸―入江花男

▽本塁打 山口源輝(若狭)


 若狭は初回、1死二塁から入江花男が適時打を放ち先制。続く2回にも1点を追加した。三回には4番山口源輝が左越え本塁打を放ち序盤で3―0とリードした。終盤、武生工業に追い上げられたが、継投で逃げ切った。

 武生工業は若狭先発の炭本祐満に対して、七回までわずか1安打と苦戦。しかし八回、7番朝日椋一の左翼線二塁打と1番林龍希の二塁強襲安打などで計2点を奪い1点差と追い上げた。九回は若狭2番手の小原陸を攻め、2死一三塁と一打同点の好機を作ったがあと一本が出なかった。

 勝った若狭は21日、敦賀第2試合でシード高志を破った敦賀と対戦する。

⇒高校野球福井大会のトーナメントはこちら

関連記事
あわせて読みたい