アメリカを代表するポピュラー・オーケストラ「ビリー・ヴォーン オーケストラ」のコンサート(越前市文化振興事業団主催、福井新聞社共催)は十六日、同市文化センターで開かれた。往年の名曲の数々に、約六百五十人の聴衆が酔いしれた。

 同オーケストラは平均年齢六十八歳の男女二十人で構成。一九六○年代に数々のヒット曲を生み出した。コンサートは全国ツアーの一環として催された。

 「浪路はるかに」「峠の幌馬車(ほろばしゃ)」などの名曲を次々と披露。スイング・ジャズやハワイアン調の曲が会場を包んだ。

関連記事
あわせて読みたい