信濃―福井 延長11回福井1死一、二塁、中前に勝ち越しの適時打を放ち笑顔の浜崎(左)=長野県営野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは14日、長野県営野球場で信濃グランセローズと戦い延長十一回の末に、5―3で勝利。3連勝で後期通算4勝4敗1分けとし、西地区2位に浮上した。次戦は15日午後6時半から、福井市の福井フェニックススタジアムで巨人3軍と対戦する。

福井

000 200 000 03 5
000 000 101 01 3

信濃

(延長十一回)
 

 【評】福井が2試合連続となる延長戦を制し、3連勝。土壇場で振り出しに戻されたが、十一回に浜崎裕太が勝ち越し打を放ち競り勝った。

 0―0の四回、平田光翼が右翼席へ1号2ランを放ち先制。1点リードで九回を迎えたが、藤岡雅俊がソロを浴び延長戦に突入。それでも十一回、1死一、二塁から浜崎裕太の中前適時打で勝ち越し。さらに荒道好貴の適時打などで2点を加え、突き放した。

 先発岩本輝は7回1失点の力投。十一回、継投の武田征也は1失点したが踏ん張った。

関連記事
あわせて読みたい