山口茜

 日本バドミントン協会は14日までに、8月21~27日にスコットランド・グラスゴーで開かれる世界選手権に出場する日本代表25選手を発表した。女子シングルスに山口茜(福井県勝山高出身、再春館製薬所)が初出場する。

 リオデジャネイロ五輪の出場権を争っていた2015年8月にもチャンスがあったが、高校最後の大会となる全国高校総体(インターハイ)出場を優先し、辞退している。

 現在、世界ランキング2位。世界1位の戴資頴(タイツーイン)(台湾)は、同時期に台湾で開かれる大学生スポーツの祭典、ユニバーシアードに出場するため、世界選手権を欠場する。

 女子シングルスにはこのほか、奥原希望(日本ユニシス)大堀彩(トナミ運輸)佐藤さや香(ヨネックス)が出場する。

関連記事
あわせて読みたい