啓新

 春の県大会で創部初の優勝を果たした啓新は、投手を中心にした守りからリズムをつくり、初の甲子園出場を狙う。

 投手陣は牧、藤原がともに北信越大会を経験し、精神的に大きく成長した。牧は最速152キロを誇る大型右腕。春から切れが増した直球を武器に、カーブ、フォークなどの変化球も織り交ぜる。藤原は140キロの直球と変化球との緩急で打者を翻弄する。守備は冬場から特に力を入れている。

 打線は、1番坂上が出塁し、春から好調を維持している秋山、好機に強い清水、上ノ山ら中軸につなげたい。下位の南口も期待できる。どこからでもチャンスメークできる打線が売りだ。「一戦必勝で勝ち上がり、優勝を目指す」と坂上主将は意気込んでいる。

部長植松 照智
監督大八木 治
投 牧 丈一郎 右左 3 下 鴨
捕 喜屋武 賢 右右 3 具志頭
一 清水 優雅 右右 3 城 南
二 宮治 大起 右左 3 水 口
三○坂上 翼紗 右左 3 内 部
遊 南口 友貴 右右 3 岩出二
左 堂國  新 右右 3 栗 東
中 上ノ山倫太朗左左 2 高 浜
右 秋山 和徳 右右 3 水 口
  藤原 直也 右右 3 和 田
  小林 未来 右右 2 坂 井
  中川 琳太 右右 2 高 浜
  攝津 賢亮 右右 3 西ノ岡
  江守 揮音 右左 3 交野一
  萩原 快斗 右左 3 押 原
  若野 里孔 右左 3 富田林三
  岸 悠二朗 右右 3 東 光
  山本 唯生 右右 3 那 賀
  長谷部裕翔 右右 3 朝 桜
  小浜 龍信 右右 3 長野北部
記録淺尾 祥太    3 神 戸

  中川 幹太 右左 2 松 陵
     (中川琳太に代わり登録)

関連記事
あわせて読みたい