若狭

 シード校を破って春は3年ぶりの8強。実戦形式の打撃練習を重ね、自慢の打線は「どこからでも点が取れる」(荒木監督)よう厚みを増した。タイプの異なる5投手でいかに最少失点で防げるかが鍵を握る。

 打線は下位まで長打を狙える選手がそろう。1番塚本は俊足巧打。2番の2年生佐藤とともに好機を広げる。中軸の3番入江主将、4番山口、5番山内はいずれも勝負強く指揮官の信頼も厚い。6、7番の一瀬、新谷は大一番へ上り調子だ。野瀬、上山ら強打の代打陣も控える。

 投手陣は5人。横手投げの小原や、炭本と嶋本の長身コンビ。上杉、須賀原も控え、継投で逃げ切りたい。中堅手池田らの堅守も光る。

 入江主将は「古豪復活へ、どこよりも熱く、魅力あるプレーで勝ちにいく」と意気込んでいる。

部長内田 稔之
監督荒木  康
投 小原  陸 右右 3 大 飯
捕○入江 花男 右右 3 名田庄
一 山口 源輝 右右 3 小浜二
二 新谷 悠太 右左 2 高 浜
三 一瀬  翼 右右 3 小浜二
遊 佐藤浩太郎 右右 2 高 浜
左 山内 涼平 右左 3 上 中
中 池田  開 右左 3 小 浜
右 塚本 優作 右左 3 上 中
  上杉 恵太 右右 3 大 飯
  炭本 祐満 右右 2 小浜二
  福井悠一朗 右左 3 大 飯
  野瀬 拓真 右右 3 高 浜
  木村  竜 右左 2 高 浜
  美濃 勇斗 右右 3 上 中
  上山 大智 右右 3 小浜二
  有本 一也 右右 2 吉 川
  嶋本 有真 右右 2 高 浜
  清水  遼 右右 2 小浜二
  須賀原龍弥 右右 2 上 中
記録上ノ山花菜    3 高 浜

  松井 幹典 右右 3 小浜二
    (須賀原龍弥に代わり登録)

関連記事
あわせて読みたい