ゴルフ場に墜落し大破した小型飛行機=11日午後5時36分、兵庫県相生市(共同通信社ヘリから)

 11日午後3時55分ごろ、兵庫県相生市矢野町真広814の4、ゴルフ場「姫路相生カントリークラブ」の男性支配人から「小型飛行機が墜落した」と110番があった。国土交通省は不時着したとみている。運輸安全委員会は航空事故調査官2人を現地に派遣することを決めた。

 相生署や地元消防によると、機体は1番ホールのコース上で、前後が半分に折れ大破した。搭乗していた男性1人がけがをしているが、命に別条はない。当時、コースでは3人がプレーしていたが1番ホールに客はおらず、ほかにけが人はいなかった。

 男性は外国人とみられ、自力で歩いて従業員に助けを求めた。

関連記事
あわせて読みたい