澤井さんのシイラ

 アオリイカシーズンが始まった。2~2・5号のエギに反応する。長橋より南側が好調で、胴長20センチオーバーの目撃情報も。

 【沖合】マイカは鷹巣や三国沖で40匹。嶺南沖は多い人で20匹。ヒラマサは鷹巣沖で50~70センチが3~20匹。

越前海岸

 アオリイカシーズンが始まった。2~2・5号のエギに反応する。長橋より南側が好調で、胴長20センチオーバーの目撃情報も。

 シイラは雄島、長橋、玉川、居倉の地磯などで30~100センチ超の釣果。8月28日には澤井乙夫さん(福井市)が103センチ。

 各地のテトラ帯の穴釣りで15~20センチのカサゴ。

 30~40センチのチヌが上がるスイカ釣りは依然として雄島、安島が良好。

 マゴチは新保突堤、三里浜、鷹巣で46~55センチ。

福井新港

 30センチのイナダが北防、砂防で好調。

 タチウオ、ヒラメはサッカー場下で良型が上がる。

 キジハタ、チヌはパイプライン、北防で数匹。

 豆アジは昼夜問わずどこでも釣れ、15~20センチの中型アジは朝夕まずめに狙える。

 ヒラメは南水路で30~40センチ。

嶺南

 敦賀新港、小浜新港、音海の波止場などで豆アジ。

 15センチ前後のサヨリは小浜新港、敦賀港でぽつぽつ。

 アオリイカは小浜湾内で目撃情報こそ多いが、小型過ぎて釣るにはまだ早い状況。

河川

 スズキは九頭竜川の片川水門~高屋橋で40~77センチ、天池橋~福松大橋で40~80センチ。

 早くもアユが落ち始めているとの情報があり、今後に期待。

河川
スズキ
嶺南
サヨリ
アジ
福井新港
キジハタ
アジ
越前海岸
シイラ
アオリイカ
関連記事
あわせて読みたい