【越山若水】世間の注目が集まる舞台で語られた言葉や表現は、時代を象徴するキーワードとして人々の記憶に深く刻まれる。その代表的な事例は「総理の犯罪」ともいわれたロッキード事件だろう▼政財界を巻き込んだ汚職だけに、国会で証人喚問が行われた。ところが証人たちは「記憶にございません」という答弁を繰り返すばかり。追及をかわした▼もう一つ鮮烈な印象を残したのが「ハチの一刺し」である。1981年、田中角栄元首相の秘書だった榎本敏夫被告の前妻、三恵子さんが公判で決定的な証言を行った▼これが元で元首相の5億円受領が裏付けられた。その心境を聞かれた三恵子さんは、自分の命を賭けたミツバチの一撃に例え「ハチは一度刺すと死ぬ。私もその覚悟」と語った▼国会できのう注目の閉会中審査が開かれた。加計(かけ)学園の獣医学部新設計画に官邸の関与があったのかが最大の焦点。野党側参考人として文科省の前川前事務次官が出席した▼「総理の意向」と記された文書の存在を認め、捨て身の告発を続けた前川氏は「選定が不透明。初めから加計学園と決まっていた」と不当性を訴えた▼一方、政府・与党側は「発言した記憶はない」「『加計ありき』は全く虚構」と反論した。決定的な証言は聞かれずじまいだが、対決はまだ第1ラウンド。次は疑問を一掃するスッキリ明快なひと言が聞きたい。

関連記事
あわせて読みたい