富山―福井 4回裏富山無死一、二塁のピンチを迎えた福井先発の岩本輝(右)と駆け寄る捕手片山雄哉=7日、富山県高岡市の高岡西部総合公園野球場

 ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは7日、富山県高岡市の高岡西部総合公園野球場で富山GRNサンダーバーズと戦い、0―1で敗れて3連敗を喫した。後期は通算1勝4敗となり、西地区最下位のまま。次戦は8日、同県魚津市の魚津桃山運動公園野球場で富山と対戦する。

福井 000 000 000…0
富山 000 000 01×…1

 【評】息詰まる投手戦を演じたが、福井は八回にイム・テフンが被弾し、1点差で惜敗した。

 先発岩本輝は7回を投げ無失点。三塁すら踏ませない好投だった。守備陣も3併殺を決め、もり立てた。0―0の八回からはイムが継投。2死から中村拓夢に本塁打を浴び、これが決勝点になった。

 打線は初回、1死一、二塁としたが大松陽平、浜崎裕太が凡退。二回には、先頭の甲川稔が左翼線二塁打で出塁したが後続が倒れて無得点。序盤の好機を生かせなかった。

関連記事
あわせて読みたい